読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャンドル屋 藤本成啓(もっさん)のブログ

大阪市生野区出身/1978年生まれ/男の子3児の父/カメヤマローソク(カメヤマキャンドルハウス)でウェディング施設、ホテル、旅館、雑貨店、飲食店、レストラン、イベントにキャンドルの営業をやっています。キャンドルの灯りで過ごす人々の”大切な時間”のお手伝いができたらいいな、という想いでキャンドルの灯りをお届けしています。

近鉄バファローズ回顧録④“10・19の翌年1989年の優勝と日本シリーズ”

先週から書き始めた近鉄バファローズ回顧録、まだまだ書きたいことがありすぎて、また書きます。書き始めたことで、“ボクも近鉄バファローズファンでした”という方に出会うことができて幸せです、もっさんです。

 

今日と明日、お休みもらって、滋賀雄琴温泉へエクスマ塾に通います。何か緊急の連絡があれば事務所へ連絡をお願いします。

 

f:id:shigefujimo:20170516223741j:plain

近鉄バファローズというチーム

近鉄バファローズというチームは、「いけるぞ!」と期待をしてしまうと、ダメになってしまい、「ダメだ」「今年は無理や」と諦めたときに、見事に裏切って、いってしまう不思議なチームです。

f:id:shigefujimo:20170516223924j:plain

こちらの本は、近鉄バファローズ元応援団長の佐野さんが書かれたボクの愛読書ですが、そこに書かれていて、初めて読んだときに、「その通り」と膝を叩いて納得したのをよく覚えています。

 

1989年シーズンの状況

1989年シーズンは前年の熱パの状況が再現され、最後の最後まで優勝がもつれました。

簡単におさらいすると以下のような状況でした。

  • オリックスブレーブスが開幕ダッシュに成功し、6月末時点で2位近鉄に最大8.5ゲーム差をつけていた。
  • 7月以降、近鉄が猛追、8月に首位に立ち、一時は2位にゲーム差をつけた
  • 8月、9月で西武が猛追、9月には一時的に首位に立ち、西武、近鉄オリックスの三つ巴で10月を迎える。9月29日時点で、首位から3位まで3.5ゲーム差の混戦。

混戦は、10月も続き、10月11日が雨のため試合が中止、予定されていた、西武-近鉄戦、オリックス-ロッテ戦は翌日の同カードにダブルヘッダーが急遽組まれました。そのダブルヘッダーで、西武が連勝し、オリックスが1引き分け、または、西武が1勝1分け、オリックスが1敗または2引き分けで西武の優勝が決まるという状況でした。

はい、ここ近鉄からんでなく、西武の有利の状況で西武-近鉄戦のダブルヘッダーが10月12日を迎えます。先に書いたように、「ダメだ」「今年は無理や」と諦めたときに、見事に裏切って、いってしまう不思議なチームは、奇跡を起こすのです。

 

近鉄ファンの語り草 “奇跡の4連発”

そんな1989年の優勝の可能性が限りなく厳しい状況で、この男の奇跡の4連発で優勝へ爆走することになりました。この男無しで優勝はなかったことでしょう。もっさん的超絶ポイントと書こうと思いましたが、ここは近鉄ファン共通認識だと思います。そんな奇跡の4連発をどうぞ!

 

 

 

この可能性が限りなく小さいゲームでブライアントの奇跡の4連発で、一気に優勝が見えました。こういう伝説と言われたり奇跡のホームランと言われるもので、阪神タイガースの1985年のバース、掛布、岡田のバックスクリーン3連発もありますが、ボクとしては、このブライアントの奇跡の4連発を、1番の伝説のホームランだと推しています。なんせ優勝争いの中でのホームラン、優勝を手繰り寄せるホームランなのでね。(阪神の3連発は、シーズン序盤だったという意味で)

 

悲願のパリーグ制覇

西武のダブルヘッダーで奇跡の勝利をした近鉄は、首位に立ち、マジック2が点灯、ゲーム差無しで2位、オリックス、1ゲーム差で3位西武という順位になります。 

翌日、オリックスがロッテに敗戦し近鉄がマジック1になり、藤井寺球場でのダイエー戦を迎えます。優勝まであと1勝として。

優勝へ向けて最後のイニングとなる9回、前年、迎えることのなかった優勝へ向けて最後の守備、ここから洗練されたファンタスティックプレーが続きます。ライト鈴木選手、セカンド大石選手、前年の悔しさを知っている選手が、優勝に向けて最高の守備を見せてくれます。(動画5:30からです。)

そして、前年言うことがなかった、「あと1人コール」「あと1球コール」の中、エース阿波野投手が全球ストレートで三振にとって優勝を決めました。(動画13:50~)優勝の瞬間絶対見てね~。

って、自分ブログ書きながら動画も見てたら、前年の10・19のことがあったので、泣きそうになってしまいました。ちょうどこの優勝の瞬間は、小学5年生でテレビで観ていて、試合内容は覚えていなかったけど、この阿波野投手が投げて、三振で優勝する、相手はダイエーホークスで、ガッチャマンヘルメットって、今でも覚えていました。それほど少年時代のボクに強烈な印象を与えてくれたんでしょうね。

動画を観たら気づくのですが、胴上げに観客がなだれこんでいます。昔のプロ野球のいい時代やったなーーーって思いふけっています。

 

で、優勝の瞬間を待つ近鉄ベンチの面々を観てると、なんかかわいいなー、子供みたいにワクワク優勝の瞬間を楽しみにしてるなーって感じてしまいましたが、ボクだけでしょうか?

 

 

 

 

 

 

もっさん的超絶ポイント“日本シリーズ3連勝で。。。”

悲願の優勝を達成し、日本シリーズへ進出する、近鉄バファローズ。対戦相手は巨人。ペナントレースを優勝した勢いのまま、第1戦から3連勝。これは日本シリーズいける、日本一いける!となりました。当時、ボクは近鉄ファンであり巨人ファン。ただこの日本シリーズ近鉄バファローズを応援していました。理由は、過去近鉄バファローズの歴史に日本一がなかったからです。初の日本一に向けて、3連勝でいける!となります。

でもね、ちょっと待ってください。最初に書きました。近鉄バファローズというチームは「いけるぞ!」と期待をしてしまうと、ダメになってしまうということを。かの有名なあの事件「巨人はロッテより弱い発言」があったことで、そこから4連敗。日本一を達成することはできませんでした。。。。

 

ここでボクの超絶ポイントは、この日本シリーズで、近鉄ではなく、巨人のことなんです。巨人ファンであったボクは、中畑清の大ファンでした。原、クロマティ、篠塚、桑田、槙原、齋藤より、中畑清。この1989年で引退が決まっておりました。中畑清は、日本シリーズ第7戦でホームランを打ち、巨人は日本一になりました。現役最終戦で日本一を決めるゲームでホームランを放つ中畑清近鉄バファローズ回顧録ではあるけど、超絶ポイントとしてオススメしたいです。

動画5:50から観てください。男やで!中畑清!で、注目がもう1つあって、ホームランを打った後、バットを投げるのが特徴的なんです。後の近鉄に入団し4番バッターに成長する中村紀洋(通称ノリ)は、中畑清のバット投げに魅了され、自身も取り入れたらしいです。

 

 

 

ということで、近鉄バファローズの初の日本一は持ち越しとなるのですが、挑戦できるのは少し先となります。

以後、西武と近鉄での優勝争いが続く中で欠かせない男が翌年入団するのですが、この話はまた改めて。

それでは、またーーー。

 

エクスマタイムズ2に参加して、まずは得たことを行動に移す、ということが大切とわかりました。

だ金曜日、仕事が終わって家に帰ってブログを書こうと計画しましたが、意気込み過ぎたのか、電車で寝過ごしてしまい、豊橋まで行きました。木曜日もエクスマタイムズ2に続き、連日の豊橋行きでした、もっさんです。

 

f:id:shigefujimo:20170520141534j:plain

先日、豊橋で開催されたエクスマタイムズ2に参加しました。

今、エクスマ塾に通っていて、自宅から近くの豊橋でエクスマセミナーが開催させる今回の機会はなかなかないと思い、申し込みをしました。

エクスマ(エクスペリエンスマーケティング創始者の、藤村先生、アパレルメーカーの社長の短パン社長こと、奥ノ谷さん、豊川で官公庁や鉄道会社へコンクリートを卸す会社の克っちゃんこと、松林さん、豊橋で工具のショップをされているファクトリーギアの、てっちゃんこと、澤山さんの4名の講演のセミナーでした。

エクスマタイムズ2となっていますが、昨年に続き、豊橋で2回目の開催でした。

 

エクスマセミナーって。

他のセミナーというものに行ったことがないので、よくわかりせんが、オープニングから、曲が流れ(今回は、映画「ブレードランナー」のBGMでスタート)、ブレードランナーの映画のお話からスタート、セミナー中の写真撮影OK(スライドの撮影ももちろんOK)、撮影した写真は、SNSにどんどん投稿してね、って言われます。(よくマネされることを嫌がる人、セミナー、会社があると聞きますが)エクスマセミナーは違います、ですので、Twitterにどんどん投稿されます。もし、どんなセミナーかは、Twitterで、#エクスマタイムズ と検索すれば、たっくさーん出てきますので、どんなお話なのか見れますよ。で、セミナー中は、笑いが絶えない、セミナーなのかショーなのか(笑)、とにかく楽しく学べます。で、来られている人も、「はじめまして」やけども、FacebookTwitterで見かけたことあります!という方が多く、たくさんの方とご挨拶することができました。というのが、ボクの感じるエクスマセミナーかなーって思います。

もちろん聴くお話が、ビジネスで活かせる事例や取り入れてみよー、あーできてないなーって自分で感じ、発見すること、気づきを得ることができるので、また機会があれば参加したいと思います。

 

セミナーの中でたくさんのことの話を聞きましたが、今、自分の立場、今現在の立場で何を得て、どうするのか、ってことをまとめてみたいと思います。

 

 

藤村先生の講演を聴いて感じたこと 

f:id:shigefujimo:20170520141547j:image

藤村先生の話は、5月9日10日のエクスマ塾に続いてでした。

エクスマ塾とときに言われたことを、今回のエクスマタイムズで話を聴いて、あっ!!!まだまだできてないやん、って気づきました。

  • SNSを徹底的に使うこと
  • SNSを遊びで使い倒せ
  • SNSで関係性を作る

 

お話を聴いたり、セミナーから懇親会までを通じ、こういうことか、あういうことか、ああこすればいいのか、って。どんどん遊んで、自らどんどんコミュニケーションを取って、やりたいな、って思うんです。これってSNSだけではなく、リアルの場でも同じやしねって。

 

あと、「会社員は、自分の力で生きていく術を作っておくこと→Twitterのフォロワーを増やしておくこと。」ってことを刺さりました。自分は会社員ですが、未来はどうなるか、誰もわかりません。会社に何か起こったときに、そのときに困るのか、それとも自分で生きる術を持っているかで、状況はかなり違いますね。自分で生きる術を作っておくということは、それだけ今の仕事でも成果を出せると思うんです。そういう意味で、自分で生きる術を作っておくことは、今の仕事で成果を出すというために、やっていきことだと思いました。(こうやってブログ書くことも、文章を書く、伝えるという練習の一環です)

 

てっちゃん(澤山さん)の講演を聴いて

f:id:shigefujimo:20170520141629j:image

工具のお店、ファクトリーギア豊橋店の店長で西日本のマネージャーとしてお仕事されている、てっちゃんは、「SNSの立ち位置=学生時代のクラスでの 立ち位置」というようにお話をされていました。てっちゃんは、YouTubeを使って工具の紹介をされていて、コツコツ続けていくことで、チャンネル登録者数5700人、再生回数260万回になったそうです。工具の紹介にビジュアルと文字だけでするのではなく、動画をプラスすることで、動画をコミュニケーションツールとして活用さて、人気のチャンネルになったそうです。動画って動き、声、表情も出るので、てっちゃんのお人柄が伝わって人気になっているようです。

特に人気者でもなくても、クラスの人気者と仲良くなって、普通でも人気者になれるよって。そのためには、自分の好きなことをコツコツやっていくこと、好きなことを仕事に入れることが大切ですよ、そうやって仕事が楽しくなっていくし、人の役に立つんだよ、っていうことを僕は感じ取りました。ボク自身は、特に人気者でもなかったし、目立つような存在でもないし、一見、怖そうに見えるし(笑)、とにかく好きなことを、コツコツやっていくことを大切にしたいな、って思いました。

克っちゃん(松林さん)の講演を聴いて 

f:id:shigefujimo:20170520141653j:image

エクスマ塾のサポート講師としてお世話になっている克っちゃんの講演を聴いて、社内の関係性を築き、そしてBtoBのお客様と関係性を築き、社内もお客様も巻き込んで一緒に楽しく仕事をされているお話でした。

 

克っちゃんは、以前、社内の人が寄り付かなかったそうです。そこでエクスマで学んだことを行動し、関係性を築くために、周りが変わるのを待つのではなく、また周りを変えるのではなく、自分自身が変わる、というお話で刺さりました。よく周りが悪いからこうなんだ、とか自分ができない理由を、周りの責任にする話を聞くのですが、まず自分が変わる、ということが大切だなって、気づかされ、お話しに感動しました。 その関係性を築くためにSNSは使えるんだよ、どんどん自ら発信して、関係性を築き仲良くなれるよ、っていうことを感じました。

 

短パン社長(奥ノ谷さん)の講演を聴いて

f:id:shigefujimo:20170520141746j:image

とにかく行動されてきた短パン社長の話は、どれも大切なお話です。7年間毎日ブログを書き、Facebookは1日3投稿し、Twitterは1日に40回ツイートされています。お客様に「ありがとう」ってきちんと言っていますか?毎日、お客様に電話したり、手紙書いたり、会うことができないけど、SNSで発信はできるでしょ?って。結果、短パン社長のお仕事は絶好調、アパレル会社の社長でありながら、テレビのバラエティ番組に出演もされていています。その短パン社長がコツコツ行動することでお客様と関係性を築き、仲良くあって、お仕事も絶好調、だから、毎日コツコツ行動するんだよ、発信するんだよっていうことをボクは感じました。

で、出てきたスライド、これ大好きでした。大好きというのは、おもしろいってのもありますが、短パン社長が忙しい中発信できるのに、言い訳なんかするなって。なんか何かと言い訳を思いついてしまう自分に重なって自分に言われてるんじゃないかって。

f:id:shigefujimo:20170520141834j:image

 

だから、短パン社長の最後のスライドで、セミナー楽しかったな、よかったな、参考になりました、ではなく、参考になったら1つでも行動に移しましょって言われていたことに、その通り、行動しないと意味がない、と感じました。 

f:id:shigefujimo:20170520141852j:image

 

 

あとがき

f:id:shigefujimo:20170520141908j:image

セミナーのエンドロールでのスライドです。このメッセージを心に置き、得たことを1つずつコツコツ行動していくぞって。

 

たくさんのことをセミナー中に聴いたのですが、全部が全部、いきなりできるわけでもないし、本当の意味で理解できていないこともあるので、そのあたりは時間をかけて、また再度お話を聞いて、こういうことか、と繋がるときが来ると思うので、それまでは、やろうと思ったこと、できてないな、でもやれるな、すぐにできること、それらを行動していきたいなって思いました。

 

そんな楽しいエクスマタイムズは、家に帰るまではエクスマタイムズです。仲良くしてもらっているお仲間と、さすが皆さんとスマホを触りながら帰宅しました。

f:id:shigefujimo:20170520141923j:image

ということで、長くなってしまいましたが、それではまたー!!!

近鉄バファローズ回顧録③“伝説のダブルヘッダー10・19 第二試合”

昨日のブログ記事は、3時間かかってしまい、10・19の第二試合まで到達できなかったので、今日は第二試合のことを書きたいと思います。あっ、もっさんです。

 

昨日書いた、伝説のダブルヘッダー10・19第一試合の続き、第二試合です。

shigefujimo.hatenablog.com

f:id:shigefujimo:20170518233526j:image 

ダブルヘッダー第二試合のルール(当時)

当時のダブルヘッダー第二試合のルールのおさらいです。

  • 第二試合は、延長12回まで。
  • ただし、試合開始から4時間を経過したら、新しいイニングに入らない。

つまり、勝つためには、9回までに勝利するか、延長になった場合は、時間との戦いになるため、4時間経過するまでに早くに勝ち越して勝利するか、ということになります。

 

第二試合の経過状況

第一試合をなんとか勝利した近鉄は、優勝に向けて130試合目を迎えます。第一試合終了後から23分後にプレーボールです。当時のボクは、1試合目を勝ったので、優勝は間違いない、と確信をしていましたが、筋書きのないドラマは第二試合でクライマックスを迎えます。(当日は、大阪では、第一試合から生放送をしており、ずーーーっと見てました)

第二試合のスタメン。

1番(二)大石、2番(中)新井、3番(左)ブライアント

4番(D)オグリビー、5番(一)羽田、6番(右)鈴木、

7番(三)吹石、8番(捕)山下、9番(遊)真喜志、投手 高柳

オールド近鉄ファンの方に向けて書いておくと、他のベンチ入りは、淡口、村上、梨田、ヘラクレス栗橋、投手は、吉井、阿波野などがいました。

あと、サードのレギュラー金村がいましたが、6日前に骨折をしてしまい、試合には出場できませんでした。ただ仰木監督からの指示の元、ベンチに入り、応援で一緒に戦っていました。

  • 2回 ロッテがホームランで1点先制
  • 6回 近鉄 オグリビーのタイムリーで同点
  • 7回 近鉄 吹石、真喜志のソロホームランで2点勝ち越し ←伏兵2人のホームランで優勝を確信しました。
  • 7回 ロッテがソロホームランとタイムリーで同点
  • 8回 近鉄 ブライアントの34号ソロホームランで勝ち越し ←ここで優勝を確信!
  • 8回 抑えとして第一試合に続き阿波野が登板も、ソロホームランを浴びる
  • 9回 近鉄 チャンスを作るも無得点
  • 9回 ロッテの攻撃中に、判定をめぐり、9分間の中断。
  • 10回 両チーム無得点で、引き分け ゲームセット。
  • 7回 ロッテがソロホームランとタイムリーで同点
  • 8回 近鉄 ブライアントの34号ソロホームランで勝ち越し ←ここで優勝を確信!
  • 8回 抑えとして第一試合に続き阿波野が登板も、ソロホームランを浴びる
  • 9回 近鉄 チャンスを作るも無得点
  • 9回 ロッテの攻撃中に、判定をめぐり、9分間の中断。
  • 10回 両チーム無得点で、引き分け ゲームセット。

 

第二試合のもっさん的超絶ポイント 伏兵 吹石のホームラン

まず、超絶ポイントとして書きたいのが、伏兵 吹石のホームランです。子供ながら、7回表に飛び出した、勝ち越しホームランは優勝を確信させるホームランでした。吹石選手は、ベテラン内野手サードのレギュラー金村選手が骨折で試合に出れないため、代役でサードを守っておりました。子供の頃の記憶では、特に華やかな選手ではなく、どちらかというと守備のイメージの選手でした。(名前が特徴があったので、子供ながら認識していました)

その守備の人、吹石選手は、勝てば優勝が決まる試合で、勝ち越しホームランを打っちゃいます。シーズン2本目のホームランがこの大事な試合で打っちゃったんです。どちらかというと地味な印象の強い吹石選手がガッツポーズで喜びを表現するところに、子供ながらに優勝を確信し、また、感動を覚えました。

 

あっ、ちなみに、大事なことなので書きますが、この吹石選手は、福山雅治さんの妻で女優の吹石一恵さんのお父さんで有名です。(たぶん有名だと思います)

 

骨折して出場できない金村選手と吹石選手の動画、9:15から見れますので、ぜひ!(吹石選手のホームランと当時を振り返る金村さんのコメント、今見ても、泣けるわーーー)

 

第二試合のもっさん的超絶ポイント “This is プロ野球!”

8回表にに主砲ブライアントの第34号ホームランで優勝を確信するも、最下位ロッテの意地、8回裏に同点に追いつかれます。優勝するためには引き分けは許されず、勝つのみ、9回表の攻撃に移ります。

9回表2アウトから、切り込み隊長“大ちゃん”こと大石第二朗選手のツーベースでチャンスを作り、勝利に向けて、好打者新井選手が打席に入ります。

優勝に向けての最大のチャンス、新井選手は、選手、監督・コーチ、ファンの優勝を確信した火を吹くような痛烈な打球を三塁線へぶっ放しました!「よっしゃーーー!!!」優勝を確信したのもつかの間、三塁手水上選手のスーパーキャッチ、間一髪で一塁アウトになりました。最大のチャンスでのスーパーファインプレー、当時の解説者 安部さんはこう言いました。「This is プロ野球!!!」

抜けたと思った打球をスーパーキャッチ、勝ち越しをすることができませんでしたが、今思えば、敵ながらあっぱれ!。10・19を語る上でのもっさん的超絶ポイントです。

 下の動画の、4:00からご覧いただけます。

 

同点のまま、9回裏に入り、近鉄が優勝するためには、引き分けが許されず、早く守備を終わらせて、次の攻撃に移らなくてはいけません。ここでターニングポイントの語り草になっているロッテ有藤監督の抗議により9分間の中断が入ってしまいました。(この時点で3時間半が経過していた。)ルールを先におさらいしましたが、試合経過から4時間を経過したら新しいイニングに入らないため、近鉄にとっては、優勝するためには、時間との戦いになってしまうのです。ここについては、僕が色々書く必要もないかと思いますので、このへんで(笑)

 

第二試合のもっさん的超絶ポイント 史上最短の消化試合

同点のまま、10回表の攻撃に入るも、近鉄羽田選手のダブルプレーで攻撃終了。試合開始から3時間57分が経過していました。次のイニングに入るためには、ロッテの攻撃を3分で終わらせなくてはならないのですが、現実的に不可能なんです。そんな中、近鉄ナインは、10回裏の守備につきます。そう、勝ちが事実上なくなったわけで、つまり優勝はその時点でなくなりました。10回裏の守備は、引き分けても、負けてもどちらでも優勝はない、事実上の消化試合になってしまいました。1イニングの守備だけが消化試合になる、この守りのときの心境というのはどういうものか想像はできません。ただ、子供ながらに、むなしい気持ちになって、守備を見ていた記憶があります。つい、さっきまで優勝を目指して燃えていたのに、いきなり消化試合になります。

史上最短の消化試合・・・、10・19の中で、これは近鉄ファンとして、忘れられない1イニングなんです。

上の動画の11:58から、羽田選手のダブルプレーが始まり、12:30ぐらいから、史上最短の消化試合をご覧いただけます。(う、やっぱり泣ける・・・)

試合は引き分けで試合終了、1位西武、2位近鉄 ゲーム差なし、勝率2厘差で、西武の優勝が決まりました。

テレビ放送

当時、大阪では、生放送でこの試合が流れていました。第二試合終了が、22時56分だったんですが、白熱した試合は、全国の注目を浴び、テレビ朝日が急遽、全国生中継を行いました。21時~さすらい刑事を中止にして、CMなしで放送、22時~のニュースステーションも放送を飛ばし、試合を中継しました。いまだかつてこんなことはなかったと思います。しかも近鉄-ロッテ戦。全国放送されるなんてね、って今思います。それぐらい、全国で注目された試合だったんです。

下の動画は、試合後の残念パーティーの模様なんですが、なんか微笑ましくなりました。この年、惜しくも優勝を逃しましたが、翌年のさらなる白熱した優勝争い、奇跡の優勝に繋がるなんて、誰もこのときには想像することができませんでした。

 

 

後日談

その年、西武が、日本シリーズ中日ドラゴンズを下し、日本一になりました。西武の主砲 清原選手は、インタビューでこのように応えたそうです。「日本シリーズで負けたら、近鉄の選手に顔向けできませんから」と。

これを聞いた近鉄仰木監督は、「なんて男気のある選手なんだ」と感心をし、後に、清原選手が巨人を退団したときに、オリックス監督だった仰木監督が入団しないか、と声をかけたそうです。そんなエピソードも10・19にはありました。

 

以上で、10・19のお話は終わりです。近鉄バファローズという球団は無くなってしまいましたが、球史に残る名試合と言われる10・19があったり、他にも、たくさんあります。また書きたいな、と思いますんで、続きをまた書こうと思います。

 

あーーー、今日もこのブログ3時間です。長ーーーーーいっ。

ということで、それではまた~。