読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャンドル屋 藤本成啓のブログ

大阪市生野区出身/1978年生まれ/男の子3児の父/カメヤマローソク(カメヤマキャンドルハウス)でウェディング施設、ホテル、旅館、雑貨店、飲食店、レストラン、イベントにキャンドルの営業をやっています。キャンドルの灯りで過ごす人々の”大切な時間”のお手伝いができたらいいな、という想いでキャンドルの灯りをお届けしています。

母親のように接してくれたお客様を思い出すキャンドル。

ふじもとのこと キャンドル

4月1日は新年度。4月1日まであと少しですが、この4月1日になると、キャンドル屋になって17年目になります。まあまた長く勤めています、ふじもです。 

 

長く勤めると、扱う商品それぞれにエピソードがあります。

長く勤めていると、商品を見ると、それにまつわるエピソードがあります。ロングセラーで販売している商品もあれば、スポットで販売した商品であり、それぞれエピソードがあります。

これで、あんなことあったな。あれで、叱られたことあったな。 

f:id:shigefujimo:20170328184334j:image

 

このキャンドルは、長く販売している商品で、シンプルなグラスキャンドルですが、入社当時から、今尚販売しているロングセラーの商品。

このキャンドルを当時たくさん使ってくれたお客さんを思い出させてくれます。

 

母親のように接してくれるお客さんを思い出すキャンドル

シンプルなグラスキャンドルですが、シンプルだからこそ、使いやすいと入社当時は売れ筋商品でした。当時ほど勢いがないけど、今尚愛されているキャンドル“ポシェ”

これを見るたびに、あるお客さんのことを思い出すんです。

大阪で入社して、4年目の2004年の5月に名古屋オフィスへ転勤したボク、もう13年も経つので、すっかり愛知県民です。

初めての土地で、初めての一人暮らし。初めてのお客さん。慣れないことばかりでしたが、当時から温かく接してくれたお客さん。不手際があれば叱ってくれ、悪いことがあれば、悪いと叱ってくれ、果物が採れれば、訪問したときにはたくさん持たしてくれ、結婚するといえば、お祝いをいただいたり、子供ができたといえば、自分のことのように喜んでくれたお客さん。このキャンドルを見れば、ボクは母親のように接してくれるお客さんを思い出します。

おかげさまで、今でもお付き合いがあり、変わらず接してくれ、ずーっと変わらずお付き合いができればいいなって思います。

 

いい関係が気づければ、一緒に仕事をするのが楽しい

今、思えば、そうやって接していただき、いい関係を持たせていただいていると感謝でいっぱいです。ボクが何したわけではないけど、おそらくそのお客さんの性格、ほんとどんな人でもそのように接していらっしゃるんだなって思います。結果、僕自身は、そのお客様と仕事をするときはほんと楽しいし、会うのが楽しみ。

営業なので、いろんな人と会う機会があるので、そんな関係を気づけるように精一杯仕事を楽しみながら一生懸命取り組みなさい、人に温かみを持って接しなさい。相手のことを思っていろいろ考えなさい。そうやって教えられたんじゃないか、と今改めて思いました。

サンプル置き場で見かけたこのキャンドルでそんなことをふと思いました。

ということで、それではまたー。

 

今日のキャンドル

↓↓↓

http://www.kameyama-candle.jp/ec/shop/category_items_detail.htm?Item=73020010C

 

 

 

 

自分で自然のものを採って自分でいただくってありがたいですね

わかったこと

春の小川は、さらさらいくよ〜〜

岸のすみれや蓮華の花に♪

朝日はそんな春の朝日を感じるけど、まだ朝は冷え込みがありますね、フジモです。

 

つくしの季節がやってきました

先週、三男坊が保育園でつくしを採って持って帰ってきました。大量に。毎年この時期になると持って帰ってきます。 

f:id:shigefujimo:20170328072753j:image

つくしを持って帰ってくるとお楽しみは、つくしの天ぷらなんです。保育園でお散歩のときに採ってくるようです。今回は、ボクもタイミング良く食べることができてよかった〜。

 

つくしの季節になると、家の周りを散歩してるとね、見つけては採るんで、まだこれからもひょっとしたらまたつくしの天ぷらが食べられるかもね。

 

自分で採って自分でいただく

自分で採って自分でいただく、という行為は、いただくときのありがたみがあるよねーって思いました。すごいいい顔して食べてるし(^^)

食材はスーパーで売っているけど、自分で採るということができる、そういう体験でありがたみを感じてほしいなって思います。

 f:id:shigefujimo:20170328074511j:image

三男坊が通っている保育園は、幸田町の山の麓に園舎があって、山の中で日々生活を送っているので、山を遊び場にし、自然と付き合い、学び、遊び回れる環境があります。

f:id:shigefujimo:20170328074306j:image

 ももの木保育園

秋には栗を採り、冬は冬イチゴを採り、いつの時期かは忘れたけど、アケビやわらび、自然のものを見つけては採り、いただく、そういうことが生活の中に入っています。

 

長男も次男も三男坊もそうやって、自然のものを自分で採って、自分でいただくということを経験してきました。

 

食べてる姿を見て、自分で採って自分でいただくってほんとありがたいな、って思います、いつも。

ただ食いしん坊なだけで、食べることが嬉しいってことでも、いいんですけどね(^^)

 

ということで、それでは、またー。

初めての台湾まぜそば。名店「麺屋はなび」が事務所の向かいにできたので行ってきました。

ふじもとのこと ランチにオススメのお店 移動のお供

 ラーメンが大好き、ふじもです。ラーメン、パスタ、そば、とにかく麺類が好きです。

 

「麺屋はなび」さんが事務所の向かいにOPENしました。

 以前から、行きたいな、食べたいな、と思っていました、「麺屋はなび」さんが、事務所の近くに、名駅店として名古屋市西区名駅に新規OPENしましたので、行ってきました。美味しいと有名でしたが、なかなか近くにいく用事もなく、行けていなかったお店。

f:id:shigefujimo:20170323072807j:image

詳しく調べてなかったのが悪いのですが、1店舗(中川区の高畑本店)だけのお店だと思っていたら、 何店舗もありました。ということは、今まで行ける機会は相当ありました、という事実。。。

menya-hanabi.com

 

初めての台湾まぜぞば

「麺屋はなび」は、HPの情報によると、台湾まぜそば発祥のお店だとのことです。

名物の「台湾まぜそば」ですが、「台湾まぜそば」というジャンルをはじめて食べるので、どんなで出てくるのか、果たしておいしいのか、頭の中で勝手に妄想が広がりました。

f:id:shigefujimo:20170323072817j:image

初心者ですので、「どうやって食べるの?」と疑問もありますが、安心してください、ちゅんと、お席においしい食べ方が書いてありました。

f:id:shigefujimo:20170323072838j:image

ですので、このとおりやればいいので、助かりますね。こういう気遣いしてもらえるとほんと助かります。

 

混ぜる。豪快に食べる。

指示通り、混ぜる。そして豪快に食べる。を実践します。

ボクの感覚では、「辛い!でも美味しい!!!」という不思議な美味しさ。癖になりますね。辛いけど、麺のもちもち感、葱とノリの感触、などほんと辛い!でも美味しい、という感覚でした。

f:id:shigefujimo:20170323072827j:image

 

そして、追い飯(無料)を締めに。写真は店員さんに追い飯を入れてもらって、混ぜてしまった後の写真です。混ぜる前に撮ればよかったね。

f:id:shigefujimo:20170323072850j:image

残った汁と具にご飯を入れてもらって、混ぜて食べる。ご飯に汁や具が混ぜ合わさり、美味しくいただけます。これまた、辛い!でも美味しいという感覚です。

追い飯の量はしゃもじ1-2杯分ぐらいでしょうか。でも台湾まぜそばを食べた後なので、量的にはちょうどよく、食べ終わったら、もうお腹いっぱいです。

 

事務所の向かいなので、すぐに行けるので、また行こうと思います。台湾まぜそばの他に、台湾坦々面もあり、次はこちらを食べてみたいな、と思います。

 

麺屋はなび名駅

名古屋市西区名駅2-18-4アーバンステージ名駅2F

052-485-6221

11:00~21:00

ボクの事務所の前なので、もし行かれる際は声をかけてくださいね。一緒にランチしましょう。

ということでそれでは、また。