読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャンドル屋 藤本成啓(もっさん)のブログ

大阪市生野区出身/1978年生まれ/男の子3児の父/カメヤマローソク(カメヤマキャンドルハウス)でウェディング施設、ホテル、旅館、雑貨店、飲食店、レストラン、イベントにキャンドルの営業をやっています。キャンドルの灯りで過ごす人々の”大切な時間”のお手伝いができたらいいな、という想いでキャンドルの灯りをお届けしています。

■「いつもと違うこと」を選ぶのは新しい発見があるね。

年内の仕事って、「もうあと2週間しかないやん」って12月の流れに乗れてませんです、ふじもです。 

 

■「いつもと違うこと」を選ぶのは新しい発見があるね。

f:id:shigefujimo:20161214072942j:image

以前に、「話題の闇風呂」の記事を見て、やってみたいな、と思ったのです。

ボクは、お風呂は、わざわざ沸かすのが面倒くさくて、シャワーで済ませがちです。

gakumado.mynavi.jp

見た記事を探したけど見つからなかったので、闇風呂に書いた記事を。

疲れ目に効果って書かれて電気を消して、、、って言えば、

キャンドルの活躍するとき

キャンドル屋やのにキャンドル灯して風呂入ったことないな

じゃあやってみよう。という流れで。

確かに暗い中でお風呂に浸かるので、じっくり入れ、電気で明るすぎなく、リラックスできます。眠くなるぐらい。人間は、朝、日が昇ったら活動し、日が沈んだら休む、というサイクルで生きており、そのサイクルにあわせることがリラックスできるんだろな、って思いました。

とりあえず、闇風呂は、キャンドル屋として体験しててよかった。

 

きっかけは記事を見たからではあるけど、いつもと違うことをやることは、なかなか勇気がいることであるし、面倒に思うこともありますね。いつもと違う色の洋服を買う、いつもと違う道を歩く、いつもと違うジャンルの本を読む、いつもと違うランチを食べる、ビールばっかり飲むのじゃなくて、焼酎を飲むなど。(メニューから選ぶの面倒やからいつもビールしか飲まないのはボクです)

 

ボク自身、「いつもと同じ」が大好き人間ですが、「いつもと違うこと」を取り入れながら、新しい発見し、感性を磨いていきたいな、そう思ったわけです。

ということで、それでは、また~。