読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャンドル屋 藤本成啓(もっさん)のブログ

大阪市生野区出身/1978年生まれ/男の子3児の父/カメヤマローソク(カメヤマキャンドルハウス)でウェディング施設、ホテル、旅館、雑貨店、飲食店、レストラン、イベントにキャンドルの営業をやっています。キャンドルの灯りで過ごす人々の”大切な時間”のお手伝いができたらいいな、という想いでキャンドルの灯りをお届けしています。

高校野球のコーチに就任した元プロ野球選手中村紀洋さんの野球を教え「エラーも空振りも野球につきもの」

子供の頃、親父に買ってもらったプロ野球の帽子は、近鉄バファローズの帽子でした、もっさんです。

 

プロ野球選手の中村紀洋さんが、高校野球に帰ってきた

中村紀洋さんは、ノリの愛称で親しまれた元プロ野球選手で、大阪の渋谷高校で甲子園出場し、プロ野球選手として近鉄へ入団、以後、メジャーのドジャースオリックス→中日→楽天→横浜DeNAと経て活躍したホームランバッター。ホームランを打ったあとのバットを投げる姿が豪快で魅力的な選手。ホームランバッターではあるけど、軽快な三塁守備も魅力で、守備の名手に贈られるゴールデングラブ賞も受賞した打つのも守るのもいい選手でした。

 f:id:shigefujimo:20170502201135j:image

1年前、当時4歳の三男が、中村さんのプロ野球チップスカードを見て、「パパ、パパ」と言っていたのですが、似てますよね、やっぱり。よく言われたことあったなぁ。せっかくなので、当時は、「昔、プロ野球選手やってん」と子供の夢を壊さずにしておきましたが、1年たって、そろそろ気づくかもしれません(笑)

 

先日、その中村さんが、浜松開誠館高校の野球部にコーチに就任したと、こちらの記事で知りました。横浜でプロ野球選手は事実上引退になっていましたが、こうやって、今度はコーチとして、第二のノリを育てて甲子園を目指すなんて、楽しみすぎますねー。

↓↓↓↓

headlines.yahoo.co.jp

 

エラーも空振りも野球につきものという考え

記事の一問一答の中で、なるほどなー、って思った部分がありました。

空振りもエラーも野球につきものだから、かっこ悪いことえではないよと話した。

自分の長男、次男ソフトボールをはじめ、楽しく、厳しき鍛えられています。ボクは空振りもエラーも練習でもたくさんするけど、それを恐れて、避けて、びびったプレーをしてはいけないと思うんです。

例えば、中途半端なプレーは、結果悪いようになるし、実際に試合となればゲームに負けてしまうこともあります。また、エラーしたらコーチに怒られるから、三振したらコーチに怒られるから、と顔色を伺いながら、プレーするのもよくないと思っています。

 

なぜなら、エラーしてはいけない、と大事に動きすぎて、またボールに対して動けずにしているとエラーは生まれるし、逆に、ボールが来たら、思い切って1歩目が動けることがきちんとボールを捕れてアウトにできるんです。

 

だから、ボクはこの中村さんの記事を読んで、「エラーも空振りも野球につきもの」の部分は、「エラーも空振りも恐れずに、思い切ってプレーすることが大事なんだよ。練習ではエラーや空振りしてもいいじゃないか、試合でできるようにいっぱいチャレンジしよう」というように理解をしました。

 

今年から、ボクもコーチとして加入することになって、子供と一緒にやっていますが、中村さんのこの教え、「エラーや空振りを怖がらず思い切ってプレーするんだよ」を子供たちに教えていけたらいいな、と思いました。

と同時に、仕事においても同じじゃないかなって思いました。失敗することは恥ずかしいことではないし、失敗は失敗ではなくステップアップなんだと思いますので、たくさんチャレンジしてステップアップできたらいいな、って思いました。

ということで最後に、ノリさんのホームラン集をYoutubeで見つけたので、スカッとしてみてください。ホームランの絵になる男です。

ということで、それではまたー。