読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャンドル屋 藤本成啓(もっさん)のブログ

大阪市生野区出身/1978年生まれ/男の子3児の父/カメヤマローソク(カメヤマキャンドルハウス)でウェディング施設、ホテル、旅館、雑貨店、飲食店、レストラン、イベントにキャンドルの営業をやっています。キャンドルの灯りで過ごす人々の”大切な時間”のお手伝いができたらいいな、という想いでキャンドルの灯りをお届けしています。

結果は変わらないので、「しゃあないやん」で済ませてみよう。

長期休暇(GW、お盆、年末年始)前は出荷がたてこむのと、急ぎの注文があったりと、急な連絡に、ゆるりと対応しなくてはいけないのに、つい焦ってしまいます、フジモトです。

 

出た結果は、後悔しても変わらない

ボク自身、自分がやった結果、仕事もそうだし、人とコミュニケーションでもそうだし、起こった事象で後悔してしまうことが多々あります。仕事だったら「もっとこうしたらよかった」、人とのコミュニケーションであったら、「もっとこういう言い方のほうがよかったかな」。できなかったことに後悔してしまいます。

 

f:id:shigefujimo:20170426084857j:image

倉庫に閉じ込められれも、騒いでもしゃあないので、開くまで静かに待ってみよう。そのうち扉は開くからさー(笑)

 

 

“しゃあないやん”(しかたがない)で済まそう

仕事であれば、出た結果に対して後悔するより、しゃあないやんって考えます。その代わり、なぜうまくいかなかったのか、原因はわかっていないといけないなって思います。すぐに諦めるのはよくない、って言われるかもしれませんが、やるべきことやって、ダメだったら、仕方がないと思ってます。うまくいかなかった原因だけはつかんでおいて、次に生かせたらいいなって思います。

終わったことにくよくよ悩んでも仕方がないし、終わった結果が変わることもないなーって思います。

f:id:shigefujimo:20170131074917j:plain

 

 

“しゃあないやん”で済ませると、気持ちは少しゆとりが出ると思っています。少しゆるりとした気持ちになれると思います。全く自分もできないけど、なかなかできないけど、しゃあないやんという気持ちで、次に繋がる何かをつかんで、ゆとりを持って次に生かしていきたいな、って思います。

 

 

というとりとめのない、何が言いたいのかわからないような記事になってしまいましたが、それではまたー。