読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャンドル屋 藤本成啓(もっさん)のブログ

大阪市生野区出身/1978年生まれ/男の子3児の父/カメヤマローソク(カメヤマキャンドルハウス)でウェディング施設、ホテル、旅館、雑貨店、飲食店、レストラン、イベントにキャンドルの営業をやっています。キャンドルの灯りで過ごす人々の”大切な時間”のお手伝いができたらいいな、という想いでキャンドルの灯りをお届けしています。

会社のホームページで自分が好きなページは、初心に戻れるページ。

ブログを書くことはネタが浮かばないことがあるけど、今日も脳みそフル回転、オーバーヒート気味に更新できました、フジモです。

 

会社のホームページで自分が好きなページ

先日、下澤さんとお話をしているときに、「会社のホームページで好きなページってあります?」と聞かれ、答えたページがあります。

ここが1番好きやなーって、思ったのが↓のページです。

f:id:shigefujimo:20170309190710j:plain

 

k-design.kameyama.co.jp

全国で開催しているキャンドルイベントの仕掛人、イベントプロデューサーの方がなぜ、カメヤマのキャンドルを選んでいただく理由を取材して掲載させてもらっているページなんです。(もし気になったら読んでくださいねー)

 

ただ聞かれたときは、特にこれがあるから好き、と言えるような理由もなく、直感的に答えたんです。

 

好きな理由は、使ってくれている人のコメントだから

コメントいただいている方々は、これまで、カメヤマのキャンドルを使って、イベントをしていただいた方々。キャンドルイベントでたくさんキャンドルを灯すので、使うキャンドルを選ぶのに、きちんと燃えるのか、途中で消えないか、など色々テストして選んでいただいているんです。

キャンドルイベントは、こんな感じで、屋外でたくさん灯してイベントしたり、屋外コンサートしたりします。多いイベントだと、20000個を灯すイベントもあります。

f:id:shigefujimo:20170309194401j:plain

 

f:id:shigefujimo:20170309194435j:plain

 *↑の画像は、名古屋栄のオアシス21でのイベントの画像です。

 

1000個、2000個、10000個、20000個とイベントで灯すキャンドルの数は様々ですが、きちんと火が灯り、最後まで消えない。外で灯すからこそ、使用環境が厳しいけどそういった条件の下でも、きちんと燃えるもの、って重要な部分。キャンドルの品質という部分かと思いますが、それを、自社で言っていることではなく、使ってもらった方々、選んでもらった方々へ取材をして、コメントいただいたことです。

だから、自分が会社にいる人間として、こういう理由で選んでもらったのか、こういう想いを持ってもらっていたのか、と心にくるし、キャンドル屋になってよかったな、応援してもらえているような錯覚を覚え、励みになるページなんです。

ですので、初心に戻るという意味で、いつも読みたいページだな、って、改めて思ったんです。

あぁ!!!僕のお客さんでもこのページを見たことないやろな、こういうことを雑談の中で伝えてないやーーーん!!!って気づいたのはナイショです。

 

好きな理由の番外編

コメントいただいている方々の中に、あの、Candle JUNE さんがいるじゃないですか!キャンドルアーティストのCandle JUNEさんで、現在は、LOVE FOR NIPPON を立ち上げ、被災地支援活動をされています。

about | Love_for_Nippon

この方の奥様は、

女優の広末涼子さんです。

あの広末涼子さんです。

僕が学生時代から好きな広末涼子さんです。

 

同じキャンドル屋やから、何か間違ったら、広末涼子と結婚できたんじゃねーか、って妄想も必ずしてしまうのがこのページの好きな理由でもあります(笑)ナイショですけどね。

 

ということで、それでは、またー。