読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャンドル屋 藤本成啓のブログ

大阪市生野区出身/1978年生まれ/男の子3児の父/カメヤマローソク(カメヤマキャンドルハウス)でウェディング施設、ホテル、旅館、雑貨店、飲食店、レストラン、イベントにキャンドルの営業をやっています。キャンドルの灯りで過ごす人々の”大切な時間”のお手伝いができたらいいな、という想いでキャンドルの灯りをお届けしています。

そのやり方間違ってない?今一度もっといい方法がないか考えよう

わかったこと 野球 考え方

ブログネタが浮かびません。脳みそ汗かいてフル回転させてます、フジモトです。

 f:id:shigefujimo:20170308192722j:image

 

慣れたこと、やったことあることを、そのまま同じやり方でやるのが楽

仕事でやることって、やったことあることは、慣れた方法でやるのが楽です。パソコン仕事も、伝票処理も掃除も、営業も。慣れているので、少し面倒なことも、それに慣れてしまっているので、そのままでやってしまうことってありませんか?

もし、少しでも面倒なことがあったり、困っているけど慣れてしまっていて、面倒なことも含めて「そのやり方」としてやっていくなら、今一度、何かもっと楽にできる方法がないか、考えてみるのがいいと思うんです。

 

f:id:shigefujimo:20170308190353j:plain

 

グラブの手入れは布キレでやるものと思っていたら

例えば、野球の話なんですが、ぼくは子供の頃から野球をやっていたのでグラブの手入れは、布キレでやるものだと思ってました。もうずっーーーと。

たまたま、youtubeで野球の動画を色々見ていたら、グラブの手入れ方法の動画にいきついて、布キレでやるんじゃなくて、軍手でやる方法を紹介されてました。

2年ほど前に、書いたブログがありました(笑)

ameblo.jp

 

f:id:shigefujimo:20170308191123j:plain

子供の頃からずーーーっと布キレでやってて、グラブの紐の際や、グラブの指と指の間の細かい部分に布キレ入れられずに、手入れがうまくできなかったんです。

このときはほんと偶然に動画に行き着いて軍手でやる方法を見つけて、やってみたら、まあなんてことでしょう。ほんと細かいところまで丁寧にできるし、手も汚れないし、いいこと尽くし。だからほんといつもやっていることで、小さい困りごとがあったら、それも含めてこの方法しかない、や、当たり前に、その方法でやるんはなくて、少し立ち止まって、調べたり考えたりしたほうがいいと思うんです。そもそもそれを含めて困っていないということが多いかもしれないけど、ふとしたときにでももっといい方法ないかなって考えてみてもいいと思うです。

 

自分の困りごとはみんなの困りごと

自分が当たり前にやっていることより、もっといい方法があるかもしれないって思って、考えたり、調べたりするって、ぼくもなかなかできないけど、ふとしたときに思って調べたら、いい出会いがあったりしました。

いつも思うのですが、「自分の困りごとはみんなの困りごと」って考えていて、ネットで調べたら、同じような人がたくさんいて、解決方法が見つかることがあるので、普段の何気ないことでも、少し調べてみたらいい出会いがあるかもしれません。

ぜひ、調べてみてくださいね。いい出会いがありますよー。

ということで、それではまた。