読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャンドル屋 藤本成啓のブログ

大阪市生野区出身/1978年生まれ/男の子3児の父/カメヤマローソク(カメヤマキャンドルハウス)でウェディング施設、ホテル、旅館、雑貨店、飲食店、レストラン、イベントにキャンドルの営業をやっています。キャンドルの灯りで過ごす人々の”大切な時間”のお手伝いができたらいいな、という想いでキャンドルの灯りをお届けしています。

数をこなすことで、進歩するんやで

わかったこと 考え方 キャンドル

 桜木花道の1人合宿、シュート2万本を思い出しました、フジモトです。

 

繰り返し数をこなすと進歩していく

誰でも最初は下手くそ、失敗を繰り返し、もっとこうしよう、次はこうやってやってみよう、とやることで進歩していくのが、よくわかりました。

f:id:shigefujimo:20170222175635j:image

この前のアロマワックスバー作りは、電話でやり方を聞いてはいたが、実際やってみるとイメージ通りにならないんです。やっては、次はこうやろう、と改善ポイントを考えたり。

↑の写真は、最初に作ったものなんですが、部材が沈んじゃったんですよね。だから気づいたんです、「部材が沈むぐらいロウを注いだらアカン」って。

 

そうやって繰り返していくことで、違う進歩の欲が出てきます。「Instagramで見るように部材を刺したシャレオツな感じにしたいな」って。

f:id:shigefujimo:20170222175639j:image

その欲も、また失敗するものです。

ぶっ刺したオレンジが埋まりすぎた、という。

 

最終的には、これらのレベルまでは進歩することができました。

こういった細かいことやるのが好きというのもあり、苦にならないのですが、繰り返し数をこなすことで、少しずつ進歩していくんです。

f:id:shigefujimo:20170222175658j:image

 

f:id:shigefujimo:20170222175705j:image

嫌いなことを数をこなすのはただの苦痛でしかなく、そんな修行みたいなことは遠慮しますが、好きなことを数をこなすことで進歩していくのが、改めてわかりました。やってて楽しかったし、苦にならないですしね。

 

だから、もし、こらから何かできるようになりたいことがあったら、すぐに止めるんではなく、繰り返し数をこなして、少しずつ進歩していけたらいいなと思います。

 

 それでは、また。