読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャンドル屋 藤本成啓のブログ

大阪市生野区出身/1978年生まれ/男の子3児の父/カメヤマローソク(カメヤマキャンドルハウス)でウェディング施設、ホテル、旅館、雑貨店、飲食店、レストラン、イベントにキャンドルの営業をやっています。キャンドルの灯りで過ごす人々の”大切な時間”のお手伝いができたらいいな、という想いでキャンドルの灯りをお届けしています。

■キャンドルは、自らを犠牲にして周りにアカリを照らす

キャンドル ふじもとのこと

おはようございます。ふじもです。

 

 ■キャンドルは自らを犠牲にして周りにアカリを照らす

f:id:shigefujimo:20170206202238j:image

キャンドルは、インテリアやコーディネートで決して主役にはならず、あくまでも引き立て役、脇役の位置付けとぼくは思っています。

 

主役を活かし、支えるために、そっと寄り添う脇役です。

 

そんなキャンドルは、こんな言われがあります。

キャンドルは見返りを求めず、自らを犠牲にしロウを溶かし周りにアカリを照らすことから、無償の愛の象徴と言われている。

 

無償の愛の象徴として意味合いを言われるのは結婚式で灯すキャンドルでよく言われ、夫婦がお互いを無償の愛で支えることと合わせて、結婚式でキャンドルが灯されることだそうです。

 

f:id:shigefujimo:20170207065527j:image

 

自分の体を削りながら(溶かしながら)まわりに灯りを照らすということ、自分が生きていく中で大切にしたいことだと思います。周りの人のために役に立つということ、自分の利益のために動くのではなく周りの人のために動くということと同じかと。

 

なかなかできることではなく、大変難しいことではあるけど、心意気だけは持っておかないと、なかなか近づくことはできない、って思っています。

 

今日はただの心の中の思いつきを書きなぐりました。

こんな日もあるので、それでは、また〜。