読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャンドル屋 藤本成啓のブログ

大阪市生野区出身/1978年生まれ/男の子3児の父/カメヤマローソク(カメヤマキャンドルハウス)でウェディング施設、ホテル、旅館、雑貨店、飲食店、レストラン、イベントにキャンドルの営業をやっています。キャンドルの灯りで過ごす人々の”大切な時間”のお手伝いができたらいいな、という想いでキャンドルの灯りをお届けしています。

■2017年のテーマは、「お客さんと一緒に楽しんで仕事をする」です。

ふじもとのこと 考え方

 2017年の一発目のブログですが、どうでもいいことですよね、誰も気にしていないけど、言ってみたかったです、ふじもです。

 

 ■2017年のテーマは、「お客さんと一緒に楽しんで仕事をする」です。

f:id:shigefujimo:20170106182836j:image

2017年元旦の日の出前の茜空ー大阪実家にてー

新年は、「今年はこうするぞ」という決意するのにいいタイミングですから、ボク自身も、今年どうしたいかなっていうことをフワフワと考えておりました。

たくさんの方のブログを読んでも、今年はこうしたい、というのをよく見ました。

大きなことは言えないけど、地道に、こうしたいな、ということがあります。

 

2017年は、「お客さんと一緒に楽しんで仕事をする」です。

 

藤村先生のTwitterで見かけたツイートに、"!"ときました。 

 

 

売上を上げたいとか、成績を上げたいとか、そういうことは結果であって(仕事だからそれは大事だけど、それが目的でも目標でもない)、仕事を楽しくしたいと考えます。

例えば、売上を上げたいとうのは、売上が上がったからいいのは自分だけであって、お客さんには関係ないことです。自分の売上が上がっても、お客さんの売上が上がるわけではない。

ボクの場合は、B to Bの仕事をしているので、自分がたくさんお客さんに商品を売っても、お客さんところで売れなければ、ただ在庫を残すことになってしまいます。(経験があり、商品が残っているのを見るとココロが痛くなります。)

自分が売るためだけにがんばるんではなく、一緒になって、楽しんで、がんばって、お客さんも、その先のお客さんも喜んで買っていただくために行動しないといけないなーって思いました。

 

だから、そういう意味で、「お客さんと仕事を一緒楽しんで仕事をする」というお客さんが1人ずつ増やしていきたいな、と思います。そのように仕事ができれば、結果は後から点いてくるもの、と思います。

 

新年いただいたありがたい年賀状も、そう思えるきっかけをいただいたので、机に貼っておこうと思います。

 

f:id:shigefujimo:20170106182945j:image

あっ、年賀状のお返事できてなくて、すいませーーんf^_^;

 

ということで、2017年は、「お客さんと仕事を一緒楽しんで仕事をする」をテーマに、1人ずつそういうお客さんを増やしていきたいなーって思います。

それでは、また。