読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャンドル屋 藤本成啓のブログ

大阪市生野区出身/1978年生まれ/男の子3児の父/カメヤマローソク(カメヤマキャンドルハウス)でウェディング施設、ホテル、旅館、雑貨店、飲食店、レストラン、イベントにキャンドルの営業をやっています。キャンドルの灯りで過ごす人々の”大切な時間”のお手伝いができたらいいな、という想いでキャンドルの灯りをお届けしています。

■東名阪道 四日市JCに入るまえの休憩スポット。休憩はお早めにね。

わかったこと 移動のお供

今日から年末年始休暇。今回の年末年始も大阪生野へ帰省する予定です、フジモです。

 

東名阪道 四日市JCに入るまえの休憩スポット。休憩はお早めにね。

 

f:id:shigefujimo:20161228144326j:plain

 

藤本家が、愛知県幸田町から大阪への帰省は、国道23号バイパス→伊勢湾岸道豊明インター→四日市JC経由→東名阪道亀山インター→名阪国道→西名阪道松原インターのルートを走っています。

このルートで行くと、大型連休のときに困るのが、渋滞です。子供たちがいるので、重要対策はトイレ休憩です。

 

四日市鈴鹿は有名な渋滞ポイントです。だから、その渋滞に入る前のSA、PAで休憩を入れておく必要があります。ボクのお勧めは、湾岸長島PAです。


なぜなら、東名阪道は、四日市JCから鈴鹿インターまでの渋滞が酷く、10~20kmの渋滞、少なくても通過に1時間~1時間半ほどかかります。もっとかかる場合があります。

渋滞中に「トイレ」が連呼されると最悪(過去に何度もあった)で、イラチなボクは、それを聞くと、イライラがMAXになってしまいます。

 

そこでポイントは、渋滞前の最適なポイントで、前もって子供らのトイレを済ますことができるかどうか、なんです。渋滞中にトイレを言われるのってお子さんをお持ちの家庭では、あるあるですよね。

 

渋滞が始まる四日市JC手前の湾岸長島PAでトイレができるかどうかにかかっています。

湾岸長島PAを過ぎてしまうと、四日市JCを過ぎた御在所SAがありますが、渋滞にはまっているので、トイレが我慢できるかどうかの戦いになってしまいます。

ですので、このルートを走る場合、四日市JCからの渋滞に入る前の
湾岸長島PAでトイレ休憩を気配がなくても、一旦入ることをオススメします。

と言いながら、大型連休の場合、湾岸長島PAに入るのも一苦労なんです。夏はナガシマのプール目的、年末年始は、ナガシマのアウトレットモールで湾岸長島で1kmほど渋滞していてPAに入るのに一苦労という•••。PAと高速の出口が同じという環境のため。

ただここを逃すと、次の御在所SAに入れるまでの時間が長い場合ほとんどなので、逃さないようにしたほうがいいですよ。

 

ということで、大型連休の高速道路の渋滞は避けては通れないので、長距離移動される際の参考になれば嬉しいです。

それでは、またー。