読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャンドル屋 藤本成啓のブログ

大阪市生野区出身/1978年生まれ/男の子3児の父/カメヤマローソク(カメヤマキャンドルハウス)でウェディング施設、ホテル、旅館、雑貨店、飲食店、レストラン、イベントにキャンドルの営業をやっています。キャンドルの灯りで過ごす人々の”大切な時間”のお手伝いができたらいいな、という想いでキャンドルの灯りをお届けしています。

■遊び心がはいった”お客様へのお願い”は、お酒飲みながら考えたんですって。

考え方

 はてなブログへ引越ししたら、カスタマイズが色々できるので、カスタマイズを先にやろうとすると記事が書けなくなるので、カスタマイズは後でやろうと思ってたんですけどね、我慢できずにやってみたら、まぁおもしろい!!!おかげで、あーーでもない、こうでもない、と危うく記事を書く時間がなくなりそうで慌てて更新です、ふじもです。

 

 ■遊び心がはいった”お客様へのお願い”は、お酒飲みながら考えたんですって。

先日、行ったお店のお手洗いに貼られた、お店からの“お客様へのお願い”

お手洗いに貼られているものって、読んでしまうんですよね。お酒入ってても読んでしまいます。思わず、写真撮っちゃいましたが、遊び心を入れてておもしろかったんです。(↓読んでみてくださいね)

f:id:shigefujimo:20161201074021j:image

15個のお願いが、冗談も入っているけど、本気のお願いもあり、表現が楽しいです。

お店のスタッフの方が言ってましたが、お酒飲みながら考えましたって。

これがネタにお店のスタッフの方と話もし、会話になりますしたし。

 f:id:shigefujimo:20161201080038j:image

こういうのって大事やな~って思っているのですが、まじめに机で考えてもいいアイデアは浮かばないし、お酒飲みながらっていういつもと違う、また楽しいときに考えるのって、いいアイデアが浮かぶんですよね。僕も経験があります。(どんなアイデア?結果出たの?というツッコミはしないでくださいね。)

 

もしも、ほんとに机でまじめに考えたら、ただのお願いになって、面白くもなく、「なんでお前にそんなことお願いされなあかんねん!楽しむのは俺らの勝手やろっ!」ってなりそうです。そもそも読んでも頭に残らんしね。せっかく楽しい時間ですしね。

 

 

お酒飲みながらっていうのはほんと好きで、お酒飲みながら話す話なんかも、おもしろくて参考になって、いいアイデアがあって、自由な発想があって、いい時間なんですよね。だから流行らないけど、“ビーティング”ってボクは言っているんです。

 

だから、仕事のことは仕事場で、机で考えるだけではなくて、アイデアが浮かばなかったら、お酒飲みながらがいいと思いますよ。

 

ということで、ボクもお酒の席には、大人の世界を教えられてはまずいので、小学生の子供たちは連れていなかいでおこうと思います(^^)

それでは、また~。